ぱんだでゲームな雑記 ホーム » チラシの裏 »ふと気付けば時は過ぎ

ふと気付けば時は過ぎ  

3月からはVer.3.5の前期配信、そこからちらほらと中期後期の配信があり、
2017年末頃にはついに待望の4.0…という怒涛の発表がありました。

そしてそれについてきた、「Wiiにおけるサービス終了について」とか
「今後のコンテンツのアレコレ」をちょっと自分なりに考えをまとめておきたい。

そんな記事。


兎にも角にも大騒動になりつつあるWiiのサービス終了。
私の身の回りでも未だにWiiでプレイしている人は多く、
そもそもWiiでスタートしたら他のプラットフォームでやるためには、
そのプラットフォームのパッケージが必要なわけで。

これを余計な出費と考える人は一生Wiiでプレイし続けて、
「いやこれは必要な出費だ」と支払う人はすでにPS4を先に買っていたり、
PC版に移っているのではないかなあ、と。

私としては「ネットゲームに必要なものはコミュニケーション」であるからこそ、
キーボードが標準搭載されていない家庭用据え置きゲームでネットゲームをプレイするのは、
かなりナンセンスだと考えてます。
そこんとこぶっ壊してくれたのはPS4なので、DQXを新しく始めるならPCかPS4でおすすめしたいです。
携帯ゲームでネトゲプレイすると寝落ちしちゃいますしね。

Wiiサービスの終了に謝罪やら何やらの挨拶がないのは「まだ終わっていないから」だと思っています。
今そのように書いてしまって、たまにプレイするだけの人が挨拶文を見たら「あれ?いきなりプレイ不可になるの?」
と思いこんでしまう可能性が高いですし、わかりやすく伝えるための一つの手法ではないかなあと。

そんな事をぼんやり考えつつ、WiiUも販売終了するみたいだし、そっちも一緒に救済してあげてほしいなあーとか、
他人のことなので好き勝手考えてました。

要するに私から見ると「いい判断してくれたなー、かわいそうだけど」が建前で、
「ふーん、やっとグラフィック関係よくなるかなー」が本音ってとこですね。
服のデザインいいのにカラーリングがひどいのとかが今後良くなると思うと楽しみで仕方ないです。



さてもう一つが今後のコンテンツについて。
私自身ドラクエに置けるエンドコンテンツはかなり運要素が強く、面白いかどうかで言うと面白くない側に寄ります。
基本的に常時分の悪い賭けを仕掛けられ続けて、連敗すると全滅して終わり。
こう言うゲームでしかなく、その賭け事にとにかく弱いのが私なのです。
それをレグナード4で思い知りました。

とはいえ常闇の聖戦は過去2つのものは、強さ4段階目を除いた場合、
どちらも構成さえ守れば装備はそこそこでもクリアできますし、
「難しいっちゃー難しいけどまあなんとかなるバトルだよね」ぐらいの認識です。

アスフェルド学園。かなり期待ハズレと言われているコンテンツですが、
読み物と学園モノが好きな私には特別なんとも思うことはなく。
普通に楽しいですし、何より違った方面でキャラクターの強化を体験できるのは新鮮でした。
普段使わない武器も出番がありますしね。

この辺が特にわがままを聞く2つなんですが、私はどちらもそこそこに楽しめています。
結局わがままを深く聞いてみると「装備揃えるのめんどくさい」「一人でプレイするのがだるい」とか
そんな話でしかなく。

ただ、学園に関してはソロコンテンツすぎるのでもうちょっと他人と遊べると嬉しいなと思い続けてます。
ストーリーのお手伝いぐらいできてもいいのでは…。



他にも「チャットしかやることがない」や「誘われ待ちしてるけど声かけられない」などなど色々聞きますが、
それはネットゲームに置けるあなたの行いでしかないので、
自分でやりたいこと探したり誘う側に回ってみたりしてください。としか言えません…。
正直こんなこと言う輩はどのゲームに行っても同じ目に合うだけです。なぜなら私がそうだったから。

誰からも誘われる魅力的な自分になりたいのなら、
万全の装備と知識でコンテンツに挑み、みんなにそれを認めてもらわなきゃいけない。
適当な装備と知識で雑にコンテンツに挑んで他人の力を自分のものだと勘違いしてるとどんどん人は離れていきます。

長年遊んできた身からすると、どんなゲームもある程度人がいて喋りながら遊べるならば面白いです。
だってゲームってそういうものだから。それすら楽しめなくなったのなら、一度ゲームから離れて見るといいかもしれない。

category: チラシの裏

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

▲ Pagetop