ぱんだでゲームな雑記 ホーム » スポンサー広告 » DQ10 - ボス攻略 »伝説の三悪魔考察 -僧侶編-

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

伝説の三悪魔考察 -僧侶編-  

コインボス『伝説の三悪魔』に関する考察記事になります。
攻略ではない、と一応言っておこうと思います。予防線。

また、筆者は野良でしかプレイをしておらず、
身内固定で職を変えての攻略などで研究したわけではありません。

・基本的に野良でしかプレイしない
・どんな職業でも率先してプレイする
・プレイした後反省する事が多い

こういった人にオススメの記事になるとおもいます。


・プレイしている時に何か言われると腹が立って反論し絶対に従わない
・他人の意見なんて参考にしない、ただ文句は言う

こういう方には参考にならないと思いますので、回れ右をお願いしますね。

□筆者の装備
退魔一式を装備しています。
・頭 麻痺100
・体上 ブレス22%(38%のルフ盾に滅却で40%
・体下 混乱100(ドレアム用なのでここが麻痺が望ましいですよ
・腕 速度18
・靴 踊り100

ぐるぐる、致死ロザ、はくあい、アヌビス、ハイドラ、神秘HP、竜玉でHP507(飯で+20)ですね。
今しがた麻痺下を買ってHP17頭を装備したのでHP524+20にできるようになりました。
520あればとりあえず大丈夫なので飯はいらなくなったかな、と思いますね。

□用意しておきたいもの
特にありません。
僧侶はとにかくどんどん行動していかないと行けない…とは思うんですが
1行動溜めたほうが保険がききますし、ここは好きにして良い気がします。

□キングヒドラ
1.聖なる祈り
2.ダメージ具合を見てベホマラー
3.必要がなく手の空いた時に武闘家からキラポン。
4.ラピッドステッキを挟んでからフバーハやスクルト

大体これで倒せると思います。
聖女配っていってもいいですけど、噛み付きにたいして聖女は効果を発揮しにくいですし
無駄になった場合のことを考えるとヒドラ倒すまでは我慢したいです。
それよりフバーハ使うことで魔戦、僧侶がブレスダメージ0になるのでそっちを優先したいところ。
各自滅却でもいいと思います。

□バラモスゾンビ
動き出したら必ず最初に「会心ガード」
自分が死んだら話になりません。
天使の守りは行動時間が長いので極力使わないようにしましょう。(ブロスの波動で消えると目も当てられない…

会心Gを使えたら次はタゲられている人から順番に聖女。大体逃げまわってくれるので間に合うはずです。
聖女>ベホイミ>聖女>ベホイミ…ってできると理想的ですが
なかなか上手くは行かないので自分でチャンスを見つけていくといいと思います。
一喝が見えたら使った人にティンクルバトンしてあげると結構ダメージ出て面白いかも。
黄泉送りの上限が1999なのであんまり上げすぎても無駄なようです。

□バラモスブロス
何より気をつけたいのは全員に対して巻き込む「いてつくはどう」
聖女が切れたところにネクロゴンド、キラポンが切れたところに魅了の舞、
祈りが切れたところにじゃあくのツメ…どれをとっても戦闘不能につながります。

なのでできるだけ壁は1人にして、回復が間に合わない時だけ逃げてもらうのが一番かなと思います。
私はいつもバラモスより多く行動できているので(多分…)
いてつくはどうやネクロゴンドを複数で貰うってのが怖かったりします。
魔戦もバイキかけ直しの必要がありますし、
はどうは避けるのが難しいので、できるだけ巻き込まないようにしたいですね。

また、じゃあくのツメは怒り状態で食らうと絶対誰かが死んでしまうので、
怒ったらだれでもいいのでとにかくロスアタを入れてあげたいところ。
単純に行動数が増えるだけでも怖い相手です。


□総合して
一喝のおかげで「意外と」余裕がありますのでどんどん補助かけて行くとみんなが楽に戦えます。
ヒールだけしていればいいや~だと凄くきついので、使うであろう
「聖女のまもり」「聖なる祈り」「キラキラポーン」「ラピッドステッキ」
以上4つは選択しやすいところに置きたいですね。

後はテキトーにベホマラーベホイミしていれば終わります。

category: DQ10 - ボス攻略

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。